片渕須直監督「日本のアニメは子供向けでも大人向けでも海外ではもう勝てない。皆がニッチを狙おうとしている、皆がね。」

[1]
日本アニメは世界の潮流から外れている 片渕須直監督(この世界の片隅にの監督)が本気で心配する、その将来

――日本のアニメには、見ている人が自分自身の人生と重ねて入り込める、共有できるストーリーが多いと、
海外のアニメファンの多くが言っていた。だからこそ、国籍に関係なく、様々な国で受け入れられるのではないでしょうか。

えっとね、違うかもしれないんだけども、ある意味、日本のアニメーションがティーンエージャーより上の世代に向けて特化していった、対象年齢を特化していった結果だと思うんですよ。

例えば、ピクサーなどはまだ子供のために見せるという使命が残っていますよね。
日本はもうないですよ。

それはね、逆に言うと、そこが穴場なんです。「我々の世代に向けて語ってくれるメディアってない」と、ティーンエージャーや20代前半の人が思うわけです。

ところが、いわゆる思春期ですね。いま後期思春期って40代まで含まれるんです。世界的に!そこまでの人が「これは自分のことだ」と思い、日本のアニメの主人公がみんな高校生なのに、あれを自分のことだと思い込んじゃうんです。

これは実は、大丈夫なのかって思わなければいけないことです。

https://globe.asahi.com/article/13185352

[6]
もともとは子供が見るもんだし

[24]
アニメだけ観て育った人がアニメ作ってるんだもん無理だよ
教養がない

  





[7]
この世界の片隅になんてニッチもいいとこだろ

[10]
大人がいなくなったし子供もいなくなったのだからこどおじに向けるしかない

[111]
>>10
こどおば向けになって更にニッチになっているぞ

[11]
昔はどれだけファンタジーやSFが題材であっても
現実の何かを照らし合わせるテーマや表現があった

それが今や現実を描いてもリアルからの逃亡でしかなく
日常物でもむしろ現実を感じさせないフワフワしたものばかり

そういう物しか需要が無いというより
そういうものしか受け取れないんだ

[19]
これはヲタク業界全般に言えるやろ
制作者になったヲタが自分が気持ちよくなれるものを作っている

[34]
異世界転生系が流行ってるのとかはまさにそれだよな
満足度な青春時代を送れなかったヲタが一度は妄想する世界や

[108]
>>34
映画だって変わらんぞ
社会派だと言い張っても、ドキュメンタリーでない限りね

[39]
この世界の片隅でって海外ウケしたんか?w

[56]
>>39
メキシコで大々的に公開したけど
ガチで数百人しか見に来ないレベルで超絶爆死しましたw

[43]
結局深夜だけだもんな

[44]
アート系なら業界の責任だろ
パトロンないと成り立たないジャンルだし
金持ってる業界の奴等が育てる気無かったんだろ
日本のアニメなんて破格の予算で作れるのに、その金すら出さなかった奴等が悪い

[48]
新しい世界観やキャラクター作れなかった老害の恨み言
宮崎駿やポケモンの成果全てが狙ったものかよく考えろ

[69]
アニメにそんな意識高いこと求めてねーんだわ
評論家受けするもの作りたいなら勝手にやってろよ

[18]
商業的に子供向けとして発展してきたから
アートアニメの余地があんまりないからじゃね
手塚治虫だってアートアニメ作ってたし

アニドウから頭山の山村浩二まで
アートアニメの系譜ないわけじゃないが
マーケット作れてるかったら作れてないわな

[29]
>>18
宮崎駿も高畑もロシアやフランスのそっち系アニメを絶賛していた人だからなあ
「俺達すげえものを見てしまったな」って若い頃は語り合ってた
メッセージを感じられ芸術的なアニメが何よりも好き

[20]
賞なんてどうでもいいだろ
賞なんかよりみんなが面白いと思うアニメ作る方がよっぽど大事

[30]
金になるファミリー向けアニメなんて昔から日本は作ってない

[80]
今敏が死んで終わった