富野由悠季監督の『聖戦士ダンバイン』のwiki読んだら紆余曲折ありすぎてワロタwwww
[1]
no title

・途中でスポンサー倒産(その後バンダイが主のスポンサーに)

・虫がモチーフ、中世ファンタジーに馴染みない、子供にウケが悪いの3コンボで視聴率低迷

・後半に持ってくる予定の現実世界に転移する現象を中盤初期に行わざるを得なくなる

・あれこれあっても、アニメファンの年長者にはウケが良く、富野本人もダンバインは大好き

[2]
倒産して中断してたとか聞いたが

[14]
なぜオーラパワーにしなかったのかが最大の謎

  







[84]
クローバー倒産後引き継いだのはトミーじゃなかったっけ?

[6]
ビルバインのデザインがおもちゃっぽくなったのは子供受けを狙ったのかな

[10]
>>6
でも敵の虫(オーラバトラー)を倒すために
鳥に変形するって聞いた時はなるほどと思った

[61]
ビルバインにはあの世界においてはなんでやねんと思ったのも確かだが
虫デザインもいいとは思ってなかったので難しいところ

[9]
なんかダンバイン見た駿がナウシカ作った感じだよなー 当時の流れ

[15]
>>9
ナウシカのマンガ連載の方が先

[54]
>>9
宮崎駿がナウシカの原作をアニメージュで連載始めたのが82年
ダンバインの放映始めたのが83年
宮崎駿はほぼ日本のアニメに影響を受けない人

[64]
>>54
漫画ナウシカの結末はめっちゃザブングルだし
イデオン含めて宮崎が富野を強く意識してた時期って絶対あると思うよ

[70]
>>64
ザブングルの着想自体がアイザック・アシモフの「鋼鉄都市」が元ネタで
ものすごく影響を受けてる

あの世代の人はクラーク、アシモフ、ハインラインの3大SF巨匠は必須科目で
別に富野監督自体がオリジナルじゃないからなぁ

[11]
最初の頃はエンディングの話題で持ち切りだった

[13]
シーラ様お美しいけど部下にはなりたくないな
すぐ特攻しそう

[17]
根暗の天パと違い主人公に好感持てるのが幼女的にはいい

[25]
リーンの翼ってあるからそれなりには人気なんだと思ってたわ

[28]
いろいろパイオニア的な作品だった
富野の先見の明凄すぎ

[35]
なろう系の流行からダンバインの再評価が始まってるのほんと興奮する

[36]
敵の総大将のドレイクがどういう悪人なのかイマイチ分からないまま
ショットウェポンと黒騎士がラスボス化するっていうシナリオはやや迷走感ある

[40]
ラスボスはドレイクの嫁って本人が言ってましたし

[41]
めちゃくちゃ野心作だよな
現代人が異世界に旅立つ構造
中世ヨーロッパ風の世界観に昆虫モチーフのデザイン
80年代は富野が一番脂乗ってた時期

[39]
憧れていた赤と黄色の
ではなく
憧れていた赤鴇色の

だったことを知ったときの衝撃

[55]
ダンバイン最終決戦とガルパン劇場版の殺った殺された感が凄い好き

[87]
ズワァースめちゃかっこいい
ラストは虚無だよなこれ