きくちゆうき先生原作の映画『100日間生きたワニ』2億2120万円の赤字になってしまう

[1]
no title
【コラム/細野真宏の試写室日記】「100日間生きたワニ」は黒字?赤字? 100ワニから学ぶ映画興行の仕組み

では、以上の考察を踏まえて、核心となる(劇場公開の時点で)「おそらく元は取れている」という推測について検証してみましょう。

本作の3週目の週末が終わった17日間の興行収入は、4881万4500円となっています。

おそらく最終的な興行収入は、予約数や推移を見ても、5000万円台で終了になると推察されます。

ここでは、分かりやすく興行収入が6000万円までいったとしてみましょう。

まず、基本的に、この6000万円は、配給会社と映画館で5対5に分けられます。
ただ、厳密には、映画業界の場合、特殊な要素に「歩率」という、配給会社と映画館の取り分を決める仕組みがあるのです。

この「歩率」は、現状では、ほとんどの配給会社では「配給会社と映画館で5対5」と決まっています。

ただし、映画が大ヒットして、座席稼働率が高かった週については、一般の配給会社は60%(レイトショーは50%)を
主張できることになっています。

とは言え、本作のような最大手の東宝配給の場合は、例外的な扱いになっています。

それは、そもそも、どの作品も大ヒットする可能性があるため、最初からファーストランに関しては配給会社は60%(レイトショーは50%)という契約になっているのです。

[2]
具体的には、本作の場合は、ファーストランの4週間だけは、配給会社の東宝と映画館で6対4(レイトショーは5対5)
という契約になっていると思われます。

そのため、興行収入が6000万円とすると、全国の映画館にはトータルで2400万円が入ることになります。

残る3600万円のうち、全国の映画館に本作を配給した東宝には、(基本的には)その20%の720万円【3600万円×20%】が入ります。

そして、最終的に残った2880万円【6000万円-2400万円-720万円】が製作委員会に入ります。

一方で、制作費(1億円)と宣伝費(1億5000万円)の合計2億5000万円がかかっているとすると、
製作委員会の赤字額は2億2120万円【2880万円-2億5000万円】ということになります。

この後、劇場公開が終わると、配信などの2次利用が行われます。2次利用ではどんなに頑張っても
1億円のリクープができれば御の字だと思われるので、1億円強が製作委員会の赤字になると想定されます。

以上のことから、(劇場公開の時点で)「おそらく元は取れている」ということはないはずです。

引用元
https://eiga.com/news/20210813/10/

[4]
以外とええやん

[11]
わざわざこんなもん計算するな

  







[13]
これいうてきくちの赤字にはならんやろ
ただの原作者やし

[25]
>>13
関わったもの全てに厄災降りかかってるよな
ジョジョリオンのラスボスじゃん

[19]
誰がその赤字埋めるのかが気になる

[21]
五千万も売れるとか大金星やん

[29]
今ならコロナでどうとでも言い訳できるからな
無敵やで

[37]
グッズも去年の売れ残ったの使い回しやしな

[42]
宣伝3億くらいつこてるやろ
でも細野が言うならガチやんか

[46]
ほんなら作者は全然儲かってないんか?
ちょっと気の毒や

[53]
コラボカフェ再開してその売り上げで損失補填しよう
まだまだ闘えるで

[66]
きくちゆうきって名前がもう面白いよな

[75]
ワニ映画ってカット数どのぐらいなんやろ
通常の1/3ぐらいとして1分40万ぐらいなら3000万もかかってない可能性あるんかな

[79]
この調子だとBDも出なそうで草
アマプラとかで配信くらいしねーかな?
ここまで来ると怖いもの見たさで観てあげたくなっちゃう

[80]
これ神木隆之介のせいやん

[81]
観に行く事自体が恥ずかしいマイナス行為になったらダメやな

[91]
相変わらずtwitterのフォロワーは毎日400~500人減ってるのな

[83]
グッズはバカ売れだからなあ

[95]
こいつ見てるとイラストレーターってコネが100%なんやなって思う

[134]
たった2億で全国に流せるって考えたら安いんやな
逆に制作費1億もかかるってなにしたらそうなんねん

[113]
友達が死んだから~とか嘘設定つけたのが大失敗やったな