鬼滅の竈門炭治郎「干天の慈雨で苦しめずにとどめを刺してあげよう」←なんで1回しか使わなかったの?

[1]

世界一優しい主人公なのにこの技多用しないのおかしくね?

[3]
そんな余裕ある戦いがこれだけだったから

[9]
毎回使えん理由書いとるやんけ

  







[4]
なんで死ぬやつが感じる痛みがわかるんや
ギロチンのあいつかよ

[33]
>>4
ゆうて鬼は首切られても身体消えるまで生きてるやろ

[5]
そんなん練習する暇あるんか

[20]
北斗有情破顔拳と一緒で後付けやからや

[17]
せめて痛みを知らず死ぬがよい

[26]
他はだいたい最後まで生き汚いというかロクでもないのばっかやったやろ

[27]
拾の型とかいう必殺技感出しておいてまともに使われない技なんなんや

[28]
5でそれ?って気はするね
それ10でしょ

[31]
>>28
慈雨だけに?

[81]
no title

しかも炭治郎デビュー戦で不発やったけど首差し出してない相手にも干天の慈雨使おうとしてたやんけ…
本当に気分で痛み与えるかどうか決めてるやん…

[87]
>>81
実戦で使うのは難しいと判断したんや
だからそれ以降使わないんや

[32]
んじゃ無惨が首差し出してきたらこれ使うのかという

[35]
技として弱いんやろ
抵抗する鬼にこの技で勝つのは難しいんや

[70]
最後鬼になった炭治郎を義勇が干天の慈雨で斬るのかと思った

[79]
>>70
これ最後やったら泣いたわ

[51]
こっからは使うまでもなく
舌戦すれば自分の過去思い出して崩壊していくからな

[40]
魘夢にも使えよ

[47]
鬼なんて殆どのやつ痛み乗り越えてるやろ

[25]
炭治郎に悲しき刃…

[55]
痛みが無いってつまり普通の斬撃より切れ味が良いってこと?

[56]
無抵抗前提の技が受け継がれてきてるという事実