【悲報】マーベル映画をディスった大物監督、自身の最新作が大コケしたのは若者のスマホ中毒が原因だと批判

[1]
◆ スーパーヒーロー映画を散々ディスった大物監督さん、自身の最新作が爆死したのは若者のせいと激おこ

スーパーヒーロー映画を「心底くだらない」「クソ」と痛烈批判していたリドリー・スコット監督(83)の最新作『最後の決闘裁判』が爆死レベルで大コケ。
興行収入が振るわなかった原因はスマホ好きな若者にある、と考えているようだ。

スコット監督が22日、ポッドキャスト番組「WTF with Marc Maron」に出演。
10月20日より公開の最新作『最後の決闘裁判』は製作費1億ドル(約115億円)ながら、世界での興行収入は2700万ドル(約31億円)の大赤字に。

このようなおぞましい興収になった原因は「無関心なミレニアル世代の若者たち」にある、とスコット監督。
「今日の観客はクソッタレな携帯電話で育った世代なのです。ミレニアルたちは携帯電話でなければ何も教わろうとしない」と持論を述べている。

『最後の決闘裁判』は、中世フランスで起きた歴史的なスキャンダルを映画化。
「騎士の妻マルグリットが、夫の旧友に乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。? 真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる」というあらすじだ。

レビュー集計サイトRotten Tomatoesでも批評家スコア85%の高評価を得ている。
https://youtu.be/-PmKAmMG274


[141]
>>1
若者が興味持つ映画じゃないでしょ

[6]
フェミも喜びそうな話だしヒットしてもおかしくないわな

  







[4]
夫婦喧嘩は犬も食わないと言ってな

[5]
まあ売れるのと名作は別物だからな

[9]
まー言ってることは正しいんだけど
リドリースコットが全部当たりってことは全然ないんだよね元々

[14]
リドリー・スコットってもう83歳なのか
ブラックホークダウンは面白かったけどもう20年前になるんだな

[545]
>>14
ブラックホークダウン30回くらいは観てるわ
我ながらなんでそんなに観てしまうのか理解できんが観てしまう

[17]
自分が若者だったときはブレードランナーを見た。

[24]
早くコベナント(エイリアン)の続編を作れよ!

[29]
エンターテイナーが売れない理由を
客のせいにしだしたらもうおしまい

[34]
他は散々こき下ろすけど自身の作品はヒットさせる凄腕の監督はおらんのかね

[36]
角川に宣伝を頼めばよかったのに

[38]
おじいちゃんこの世は若者の為にあるねんで

[45]
テッカマン撮れば良いのに
アダムドライバーが主役で

[50]
ハンニバルとか悪の法則とかエイリアンコヴェナントとか
悪趣味映画ばかり作ってるからだ

[51]
タランティーノが言ってたけど名監督も高齢になった晩年の作は大体アレな感じになるから自分はもうそろそろ引退したいと

[57]
エターナルズって
監督は中国人女性なんだな。
アメコミヒーローものなのに意外だった。

[67]
実力も実績もあるジジイだからな
まだまだ現役で嬉しいわ

[88]
マーベルって全然面白くないんだけど
ターゲット層は子供だよね?

[140]
>>88
子供が観たいと言えば親も付いてくる理論
ポケモンやプリキュアやドラえもんのアニメ映画がいつも興収好調なのと同じ理屈

[75]
結局大衆の求めてるものがわからなくなるんです
老いとはそんなもんです

[107]
ジャンル批判はカッコ悪い
例えばホラー映画なんてオスカーと万年無縁なのに
好きだからって腐らずつくり続けてる監督もいる訳で

[58]
脳みそ固まって新しいもの拒否したら終わりやで