【驚愕】スターウォーズの脚本家「日本アニメのなろう系や日常系は海外で需要ありません、ヒットさせたいなら多様性と平等性を意識して!」

[1]
今回の講師は、2004年にアニメ情報サイト「アニメ!アニメ!」を設立、現在は独立しアニメーションに関する報道・執筆に従事するジャーナリストの数土直志氏、『スター・ウォーズ ビジョンズ』『境界戦機』などアニメのSF設定や脚本の仕事を多く手掛けている文筆家/翻訳家であり、デジタルハリウッド大学及び京都精華大学非常勤講師の堺三保氏。

(中略)

後半は、文筆家/翻訳家の堺氏から「海外展開のための企画の煮詰め方」をテーマに、海外、特にアメリカ向けの企画内容と企画プレゼン手法(ピッチ)について語られた。

はじめに日本と欧米の企画内容の違いについて言及。

欧米で最も重視されるのは「強烈なキャラクター」と「起伏のあるストーリー」が掛け合わさること。「明確な目的や悩みを動機にキャラクターが成長・変化していく」というパターンが好まれるのだそう。日本アニメでよく見る完全無欠な主人公や日常系といったストレスフリーな作品のニーズは低く、ストーリーとキャラクターの心理的葛藤が帯同し視聴者が感情移入できる作品のニーズが高いのだ。この要素が含まれていれば、過激な描写やバッドエンドであっても構わないのだそう。

その前提のもと、日本発信の作品に求められる要素は「日本的な要素と世界共通の要素のバランス」と堺氏。日本的な外見(デザイン)は求められているが、内面(設定)的に求められているのは前述した通り「明確な目的や悩みを動機にキャラクターが成長・変化していくドラマ」だ。

世界中の誰が見ても「そうだよね」と思える最大公約数を狙いにいくことがポイントとなる。中でも今世界から求められている要素は2つ。「多様性」と「平等性」だ。欧米作品では黒人やアジア人が主人公の作品が増え、視聴率や興行収入も高い。
堺氏は「これまで作品を熱狂的に見てこなかった視聴者層が獲得できたことで、売り上げにも繋がっている」と話す。

(後略)

引用元
https://news.yahoo.co.jp/articles/d45ed70b5be39863364cb042c479c00c6c7e8e38

[4]
俺TUEEEEEEE系がウケるのは日本だけだったんだ・・・

[5]
天下のスターウォーズの脚本家が言ってるんだから間違いないな

  







[8]
なろうのそこをいじったからって海外でヒットはしないんでないか
そもそも海外ターゲットにして作者も書いてないだろう

[9]
スーパーマンとかなろう系じゃないんか

[20]
スーパーマンはかなり典型的な貴種流離譚だろう

[21]
日本で流行らなかったものは海外に輸出しないから

[24]
別に海外を意識して作ってるわけじゃないから

[25]
多様性(オーバーロード)

[35]
>>25
トカゲ差別やめろぉ!

[26]
多様性と平等をEP9で全部捨てたけどええんかあれ

[31]
スターウォーズ脚本家(日本人の堺さん)

[36]
日本でウケて儲かってるならそれでいいだろ
外人には関係無い話

[42]
Isekaiとかむしろ海外でこそウケてるんだよなあ

[43]
中国で受けてるじゃん
まぁ身内みたいなもんだが

[44]
現実世界だと色々面倒だからファンタジー世界にしてるんだろ?

[64]
no title

no title

言うて外人人気ある今のアニメこんなんやで

[66]
その点NARUTOは凄いよなポリコレ大体コンプリートしてるんじゃない?

[46]
海外でヒットさせるために書いてるやつなんてほぼいないだろ

[48]
まるでスターウォーズの7~9が
世界で称賛されたかのような言い方じゃないか

[51]
なろう系の作者は海外でヒットさせる気全くないだろ

[57]
既存作品のポリコレ配慮化って実際消費者に望まれてやってるのかな
規制とかの類いだと思ってたけど

[60]
ゲームはポリコレ臭くてもゲーム部分のために我慢してやるけど
映像作品でポリコレくさいのはいいよもう