色々まとめ速報

ニュースを中心にまとめています

  • Twitter
  • RSS

    沖縄

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/03/06(火) 21:54:00.51 ID:2nFPFUrw0● BE:565421181-PLT(13000)
    no title

    空自ヘリから重さ30キロの扉落下 鹿児島 沖永良部島


    6日夜、鹿児島県の沖永良部島で、この島にある基地に向かっていた航空自衛隊の
    ヘリコプターから重さおよそ30キロの扉が落下しました。自衛隊によりますと、
    これまでのところ被害は確認されていないということで、自衛隊は詳しい状況を調べています。

    自衛隊によりますと、6日午後6時50分ごろ、鹿児島県の沖永良部島で、航空自衛隊の
    CH47輸送ヘリコプターが島にある分屯基地に向かっていた際、機体後部にある重さおよそ
    30キロの扉が突然、落下しました。
    扉が落下した付近に住宅はなく、これまでのところ被害は確認されていないということです。

    この機体は沖縄県の那覇基地の所属で、当時、訓練のため飛行していたということで、
    航空自衛隊は、落下した扉を探して被害がないか確認を進めるとともに、当時の詳しい状況を調べています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180306/k10011353901000.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520340840/

    【【緊急速報】今度は航空自衛隊ヘリのドアが沖縄県民を狙って落下 地面に激突】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/08(木) 13:20:24.85 ID:sNcThu8M0 BE:135853815-PLT(12000)
    no title

    菅義偉官房長官「選挙は結果がすべて」結果を疑問視する東京新聞・望月衣塑子記者に反論

     菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者が、
    沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を進める安倍晋三政権が支援した新人が当選した結果を疑問視したことに対し
    「選挙は結果がすべてではないか。相手候補は必死に(辺野古沖の)埋め立て阻止を訴えたのではないか。住民が選ぶのが民主主義の原点だ」と述べた。

     望月記者は「(移設)反対の市民や県民の意向が全く政府には顧みられなかった。どうせ埋め立て工事が進むならどのみちしようがない、
    結果として消極的ではあるが、目の前の生活を豊かにしてほしいという思いで投票したという声が、報道でも出ていた」と述べた。
    その上で「これまで県民や市民に寄り添った判断が行われていなかったのでは、というのが選挙結果をみても感じられる」と主張した。

    http://www.sankei.com/politics/news/180208/plt1802080019-n1.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518063624/

    【望月衣塑子「名護市長選、与党候補が選ばれたのは消極的理由って報道で見た」菅長官「選挙は結果が全て」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/06(火) 16:11:13.12 ID:V12UYNFS0● BE:565421181-PLT(13000)
    no title

    (社説)名護市長選 民意は一様ではない



    米軍普天間飛行場の移設先、沖縄県名護市の市長選で、安倍政権の全面支援を受けた新顔が、
    移設反対を訴えた現職を破り初当選した。

    ただ、政権側が「これで移設が容認された」と考えるなら、単純すぎる。
     渡具知氏は選挙中、移設問題について「国と県の裁判を見守る」としか語っていない。
    代わりに強調したのは経済振興であり、政権側も交付金をちらつかせて後押しした。

    沖縄では県民の理解が得られなくても新たな基地を造るのか。それこそ差別ではないのか。

    首相はまた、ことあるごとに「最高裁の判決に従って(工事を)進めていきたい」と語る。
    だが最高裁判決はあくまで、前知事による埋め立て承認を、翁長知事が取り消した処分を
    違法と判断したものだ。
    最高裁が辺野古移設を推進していると受け止められるような物言いは、明らかなミスリードだ。

    基地移転という国策をめぐって民意が引き裂かれる。
    その重荷を取り除く責任は政権にある。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13346253.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517901073/

    【【朝日新聞】お前らおまたせ!名護市長選は民意ではない、の屁理屈社説書いたよw仲良く読んでね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/05(月) 12:40:23.17 ID:xRv0RN0z0 BE:844481327-PLT(12345)
    名護市長選の陰の勝者は、安倍政権だった。そして陰の敗者は、この国の民主主義だった。

    直前の世論調査でも、市民の3分の2が辺野古新基地建設に反対している。それでも稲嶺進氏が落選したのは、工事がじりじりと進んだことが大きい。市民は実際に止められるという希望が持てなかった。

    稲嶺氏自身は公約を守り、民意を体現して阻止に動いてきた。日本が民主主義国家であるなら、工事は当然止まるはずだった。

    安倍政権は、既成事実を積み重ねて市民の正当な要求を葬った。民主主義の理想から最も遠い「あきらめ」というキーワードを市民の間に拡散させた。

    稲嶺氏の2期目が始まった2014年に辺野古の工事に着手。
    抗議行動を鎮圧するため本土から機動隊を導入し、16年の東村高江では自衛隊まで使った。

    力を誇示する一方、辺野古周辺の久辺3区に極めて異例の直接補助金を投入した。
    今回の選挙直前には、渡具知武豊氏が当選すれば新基地容認を明言しなくても再編交付金を出すと言いだした。
    何でもありなら、財源を巡る政策論争は成り立たない。

    安倍政権は名護の選挙の構図自体を4年かけて変え、市民から選択の余地を奪った。
    大多数の国民がそれを黙認してきた。

    渡具知氏も「辺野古の『へ』の字も言わない」という戦略で、暮らしの向上と経済振興を語った。
    市民は反対しても工事が進むならせめて、と渡具知氏に希望を託した。
    基地問題からは、いったん降りることにした。それを責める資格が誰にあるだろう。

    民意を背負えば、小さな自治体でも強大な権力に対して異議申し立てができる。
    沖縄に辛うじて息づいていたこの国の民主主義と地方自治は、ついにへし折られた。(北部報道部・阿部岳)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/204884

    阿部 岳(あべ たかし)
    沖縄タイムス社北部報道部長
    1974年東京都生まれ。
    上智大学外国語学部卒。97年沖縄タイムス社入社、政経部県政担当、社会部基地担当、フリーキャップなどを経て現職。
    著書「観光再生―テロからの出発」(沖縄タイムス社)。
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/70787
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517802023/

    【沖縄タイムス・阿部岳「名護市長選、この国の民主主義と地方自治は、ついにへし折られた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/04(日) 22:29:53.93 ID:CAP_USER9
    no title

    沖縄 名護市長選 新人の渡具知氏 当選確実 

    2月4日 22時31分選挙 

    沖縄県名護市の市長選挙は4日に投票が行われ、自民・公明両党などが推薦し、地域経済の活性化を前面に掲げた新人の渡具知武豊氏が、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた現職を破って初めての当選を確実にしました。 

    渡具知氏は名護市出身の56歳。20年近く市議会議員を務め、今回初めて市長選挙に立候補しました。 

    アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に向け、護岸工事が進む中で行われた今回の選挙戦で、渡具知氏は、移設問題の賛否には直接言及せず、前回自主投票だった公明党の推薦も受けて、地域経済の活性化を前面に掲げました。 

    その結果、自民党や公明党の支持層を固めたほか、いわゆる無党派層からも一定の支持を集め、初めての当選を確実にしました。 

    一方、辺野古への移設阻止を訴えた現職の稲嶺氏は、沖縄県の翁長知事の支援を受けて3期目を目指しましたが、及びませんでした。 

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180204/k10011315181000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


    38: 2018/02/04(日) 22:31:46.82 ID:Kq7PQ4fF0
    >>1
    朝日新聞渾身のフェイクプロパガンダは不発だったかw

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517750993/

    【【速報】沖縄名護市長選 新人の渡具知武豊氏(56)が当確 自民、公明、維新推薦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/19(金) 21:36:14.44 ID:0qVO3lRw0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    no title

    米軍は良き隣人でないと沖縄知事 ヘリコプターの学校上空飛行で

    2018年1月19日 21時02分


     沖縄県の翁長雄志知事は19日、衆院安全保障委員会の与野党メンバーと県庁で会談した。米軍ヘリコプター3機が
    18日に宜野湾市の市立普天間第二小学校の上空を飛行した問題に触れ「事件事故を(真剣に)取り合っているように見えない。
    米軍は良き隣人ではない」と訴えた。米海兵隊が上空飛行の事実を否定している点も問題視した。


     防衛省は上空飛行に関する見解が日米で食い違っているため、飛行の様子を撮影した映像を米側に提供し、改めて事実関係の確認を要求している。
    海兵隊が飛行を否定し続けた場合、沖縄県側の日本政府に対する不信感も高まるとみられる。

    (共同)
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018011901001858.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1516365374/

    【翁長知事「米軍は良き隣人でない」堂々と反米発言】の続きを読む

    このページのトップヘ