色々まとめ速報

ニュースを中心にまとめています

  • Twitter
  • RSS

    自民党

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/13(日) 05:35:25.14 ID:bFBFr+Ls0● BE:299336179-PLT(13500)
    no title
    ■石破茂・自民党元幹事長(発言録)

    総理大臣はまさしく命を削る仕事以外の何物でもない。日本国の命運に大きな責任を負い、誰に責任を転嫁することもできない。ありとあらゆることは総理大臣が一身に責任を負わなければならない。命をかける激職だ。そのような大変な仕事を自分はできるのか、そういうことを日々自分に問いかけている。

    政治はありとあらゆる人に公平、平等に行われなければならない。政治がいかに行われたかは、常に国民に対して誠実で謙虚でなければならない。何が行われたのか全然分からない、文書はなくなった、書き換えられた、無くなったと思ったらあった、こんなことでどうして政治が、行政が公平、公正に行われたということを有権者に対して示すことができるのか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00000003-asahi-pol

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526157325/

    【【やるっきゃない】石破茂「総理は命を削る仕事、自分はできるか日々自問」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/12(土) 00:08:41.52 ID:CAP_USER9
    no title

    (自民党に非主流派が消え、みんな安倍晋三首相のイエスマンになったのは党の劣化ではないかと問われ)石破派はなんとなく非主流派っぽい扱いではあるけどね、農林水産大臣という重要ポストに閣僚を出している。主流派だろうが非主流派だろうがいいが、いまの党の体制ってまずいんじゃないのと。野党がダメだから(自民党は)大丈夫ってのは、国民にとってあんまり関係ない話だ。

    このままで自民党はいいの、自民党はもっと良くならなきゃいけないんじゃないのっていう思いから、党がきちんと国民に信頼されるようにという意見を言うと、「お前は後ろから弾を撃つのか」とか「足を引っ張るのか」とか、すぐそういう話になる。それはあんまり健全な言論空間だと思っていない。(13日に放送予定のBS朝日の番組収録で)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000068-asahi-pol

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526051321/

    【石破茂「お前は後ろから弾を撃つのか」とか言われるが「今の自民党ってまずいんじゃないの?」とうだうだ語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/05(土) 12:42:51.82 ID:S0Baw2OS0 BE:882533725-PLT(14141)
    no title

    いよいよ大型連休明けの7日から政局が本格化する。そうした中、筆者は連休中に会食した財務省の最高幹部から米国のニューズレター「OBSERVATORY VIEW」(4月26日号)のコピーを頂いた。

    同紙を発行するOBSERVATORY GROUP社は金融・財政政策、米議会の動きなど、マクロ経済に与える政治経済動向をモニターし、債券、為替、株式市場に参加する機関投資家を対象に、市場価格に影響を与える可能性がある政策決定や政治情勢に関する分析・情報を事前に提供する。

    <より興味深いのは、福田財務次官のセクハラ疑惑発覚後、麻生大臣の辞任を要求する声が激しさを増していないことだ。実際、メディアの連日の報道にも拘わらず、そうした意見は(誤差の範囲だが)弱まっている>

    事実、「日本経済新聞」の最新世論調査(4月27~29日実施)を見てみると、麻生太郎財務相は「辞任すべきだ」は49%で「辞任する必要ない」の43%を上回ったが、「辞任すべきだ」は前月比7%低下している。

    それだけではない。野党6党が麻生財務相の辞任など求めて国会審議を拒否していることについて「適切ではない」は64%で「適切だ」の25%を大幅に上回った。上述の「大声で騒ぎ立てている」のは野党6党と一部メディアだと、同紙は分析しているのだ。

    アメリカは「3選濃厚」と見ている

    これと同様に世界的に高い評価を得ている冒頭のニューズレターが、「結論」として<麻生攻撃を経由した安倍批判はヒステリックなレベルに達し、過去の例で言えば政権が近未来に瓦解してもおかしくない状況になるかと思いきや、一般有権者、特に若い世代の有権者がそうした風に乗る気はない>と断じているのだ。

    今後の政局は荒れ模様になることは間違いないが、どうやら9月の安倍首相自民党総裁3選の可能性は高いと言っていいだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180505-00055564-gendaibiz-int

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1525491771/

    【米メディア「安倍首相の3選は濃厚。「大声で騒ぎ立てている」のは野党6党と一部メディア」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/26(木) 23:58:56.30 ID:CAP_USER9
    no title

    自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は26日、野党が国会で審議拒否を続ける状況について
    「今の形は不思議な民主主義の形だ」と指摘し、野党を牽制した。「野党が国会に出てこなくて、一部で解散という言葉がささやかれる。解散は本来であれば野党にとっては政権を倒すチャンスなのに、解散を恐れおののく野党、というすごく奇妙な状況だ」とも皮肉った。党本部で記者団に語った。

    これに先立ち小泉氏は党本部で開かれた女性未来塾の初会合で講演し、「今年は党総裁選もあるので『次は誰か』と言われるが、もうそういう時代じゃない。『次は誰か』ではなくて、『次はどのチームか』という時代だ。日本に降りかかってくる多くの課題や問題を一人一人がプロフェッショナリズムを発揮してチームになって当たっていく時代だ」などと語った。 

    4/26(木) 23:39配信 産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000584-san-pol

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1524754736/

    【小泉進次郎「審議拒否しながら解散恐れる野党はおかしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/24(火) 00:27:34.21 ID:CAP_USER9
    no title


    自民党の石破茂元幹事長は23日夜のBS11番組で、9月の自民党総裁選への立候補を表明する時期に関し、6月20日が会期末となる今国会の閉会後になるとの見通しを示した。「きちんと国会が終わり、状況がある程度安定することが最低要件として必要だ。非常に厳しい国会運営を迫られている。そんな時に『私、出ます』などと言うのは不見識だ」と説明した。

     岸田文雄政調会長が率いる岸田派との共闘には意欲を表明。政策が似通っていて親和性があるとして「連携しない方がおかしい」と述べた。〔共同〕

    2018/4/23 23:28
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29748740T20C18A4000000/

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524497254/

    【石破茂 、自民総裁選立候補表明「国会閉会後」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/21(土) 20:43:59.36 ID:YcHZfYUs0 BE:844481327-PLT(12345)
    no title

    財務省をめぐる問題などを受け、野党6党が国会審議に応じない構えを見せていることについて、自民党の森山国会対策委員長は野党側の対応を批判したうえで、
    週明けから審議に復帰するよう働きかけていく考えを示しました。

    財務省の福田事務次官が、女性記者にセクハラ発言をしたとされる問題などを受けて、野党6党は麻生副総理兼財務大臣の責任は重大だとして辞任するよう求め、
    20日の国会審議を欠席し、要求が受け入れられなければ引き続き審議に応じない構えを見せています。

    これについて、自民党の森山国会対策委員長は神戸市で講演し、
    「国会が財務大臣の辞任を決めることはできないので、『政府にはお伝えします』と野党側に伝えたが、なかなか聞いてもらえない。解明しなければならないことは国会で審議するほかに解明の方法はなく、避けてもらっては困る」と述べ、野党側の対応を批判しました。

    そのうえで森山氏は、「うみを出し切って、二度と起こらない仕組みを作るのは大事なことだが、だからといって、大事な法案をほったらかすのでは、大変なことになる。来週から国会の正常化をしっかり果たさなければ、国民に恥ずかしい」と述べ、
    週明けから審議に復帰するよう、野党側に働きかけていく考えを示しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180421/k10011412901000.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1524311039/

    【「国民に恥ずかしい」 自民・森山国会対策委員長、野党の国会審議ボイコットを批判】の続きを読む

    このページのトップヘ