【悲報】漫画家のきたがわ翔先生「鬼滅の刃は努力の過程を描いてない、炭治郎は最初から才能ををもっててポーンと発動するだけ」

[1]
同業漫画家から見た『鬼滅の刃』以降のトレンド ”省略の美”から”少女漫画的な共感性”を重視

さらに、きたがわ氏が指摘するのは、「努力の過程をあまり描かないこと」。

「炭治郎が急激に強くなるんですが、努力の過程が描かれることはほとんどありません。でも、それが今の漫画の流行りなんだと思います。

努力や修行するシーンは、読んでいても盛り上がりに欠ける部分があります。だから、読者が最初から気分よく読めるように、主人公は努力によって何かを得るのではなく、“最初から素質を持っている”ようにする。そして、『その能力をいつ発動するのか』という過程を描いていくんです。今のスマホに慣れきった世代は、できればすぐに答えや結果を知りたいというマインドが強いのではないでしょうか。そうした層にも読んでもらうためなのか、努力の過程をすっ飛ばして物語が進んでいく。言ってみれば、起承転結ではなく、『起結』『起結』の繰り返しみたいなものですね」

引用元
https://news.yahoo.co.jp/articles/e69064504bde7b9eb010c916611baeac361b323e

[7]
今どきの漫画にしてはマシなほうだろ

[11]
オサレ師匠をディスるのはやめろ

  







[8]
まーた修行厨かよ

[9]
炭治郎さん、なんで努力しないの?

[14]
最近そういうのばっかじゃん

[12]
技名いきなり言うけど
どういう技かわからない
ああ、そうですかという印象

[22]
岩を斬るシーンあったと思ったが
気の所為だったか

[25]
むしろ修行シーン多すぎだろって言われる方の漫画でしょ

[31]
読んでねえだろこいつ
今時の少年漫画で修行編は打ち切りへの近道と
言われる中で鬼滅は修行編やった方だぞ

[320]
>>31
初期なんて絵柄だけでも打ち切り必至みたいな扱いだったしな
つか主人公が修行無しで急激に強くなるってどこのことなんだ

[34]
大昔から「最近の漫画の傾向」として言われてない?これ

[41]
きたがわ翔が懐かしい

努力を書く漫画の方が少ないような
ジャッキーチェンが人気だった時に一瞬流行った位では?

[219]
>>41
なろうはけっこう修行と試行錯誤が多い

[44]
修行してた方だろう
結局パパのダンスが強かったのは謎だけど

[700]
>>44
パパのダンスが強かったのは炭治郎が修行してたからであって
修行してないパパがダンスしても弱かったんだろ
先祖が糞強弟の動きを真似ただけだしな

[53]
ドラゴンボールなんかその最たる奴だな

[57]
どのレベルで修行シーン書けば満足なんだよ
ハンターハンターくらいか?

[58]
こいつ漫画全然読んでないのでは?
いきなり強くなるのはおかしいって物語の初めから修行シーン入れてるのに
担当に地味だからやめろって言われても作者の考えでな

[104]
山田玲司や星里もちるなんかもそうだけど
この時期の青年漫画家ってみんなおかしな方向に行ってしまったなー・・・

[100]
序盤ですら鱗滝の所で2年修行したのに読み飛ばしたんか

[84]
さんざん胡蝶さんに鍛えられてたやん
というより修行シーン描けば偉いってもんでもなかろうに
描いてもつまらん漫画はつまらん、描かなくても面白い漫画もあるだろうよ

[60]
ブラックジャックにもドラえもんにも努力の過程なんかないわな