【朗報】天動説漫画『チ。』完結。連載1年半に幕。C教と戦いながら地動説の証明に命を懸けた人々の物語

[1]
漫画『チ。』完結、連載1年半に幕 地動説の証明に命を懸ける人々の物語

地動説の証明に命を懸ける人々を描いた漫画『チ。―地球の運動について―』(作者:魚豊)が、18日発売の『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)20号で最終回を迎えた。2020年9月の連載スタートから、約1年半の連載に幕を下ろした。コミックス最終巻は6月30日に発売される。

最終回を迎え、作者の魚豊氏は「スピリッツで連載できて光栄でした。ご愛読ありがとうございました」とコメントを寄せた。

『チ。―地球の運動について―』は、天動説が定説の時代に、禁じられた地動説の証明に命を懸ける人間たちを描いた物語。15世紀のヨーロッパが舞台で、異端思想が火あぶりに処せられていた時代、主人公の神童・ラファウは飛び級で入学する予定の大学において、当時一番重要とされていた神学の専攻を皆に期待されていた。しかしある日、ラファウの元に現れた謎の男が研究していたのは異端思想ド真ン中のある「真理」だった。

『ビッグコミックスピリッツ』で2020年9月より連載がスタートし、「マンガ大賞2022」第5位、「マンガ大賞2021」第2位、「次にくるマンガ大賞2021」コミックス部門第10位、「このマンガがすごい!2022」(宝島社)オトコ編第2位を受賞した人気作品で、コミックス累計発行部数は200万部を突破している。
no title

引用元
https://www.oricon.co.jp/news/2231677/full/

[3]
きれいに終わったのかな

[4]
拷問とか怖そうだったから読んでなかったわ

  







[8]
面白いの?
拷問漫画って聞いたけど

[10]
ベルセルクの異端審問よりソフト

[11]
魚屋みたいな名前しやがって

[12]
どこで失敗したんだろうな

[15]
科学の漫画で嘘は良くない

[17]
面白いけど人気出たせいでアンチと逆張りが増えたな
怪獣8号でも叩いとけよ

[20]
世代交代したあたりで切った
尻すぼみのまま終わりそうな気がしてたがそうなったか

[21]
ファンタジーにしても歴史考証に無茶があったからしやあない

[23]
主人公変わりすぎて感情移入すらできんからすぐに見るのやめたわ

[25]
最初の主人公と次のバトンタッチした奴までは良かったけどその次の女でコケたな

[26]
金儲け主義の女が日の出を見て事切れるとこはちょっと感動したな
あそこで終わってたら良かった

[29]
学問が社会の役に立たねばならないなんて発想は糞だとか
作者の青い思想を韜晦なしに嬉嬉としてキャラに代弁させる感じは今時の漫画っぽくなくて好きだったんやけどな

[31]
学者系登場人物のメンタルがみんな同じに見える

[32]
地軸の傾いた地球儀が普通に置いてあるのには笑っちゃうよね

[33]
主人公が変わってしまうと続き読むモチベーションが保てない…

[59]
審問官のおっさんの物語だったのは良かったわ

[41]
C教も社会の描写も全然足りないから
あの世界が実際どうなってるか最後までよくわからん漫画だったな
実は地球の話じゃなくて、天動説のほうが正しかったっていうオチなら笑えたんだけど

[40]
ゴールデンカムイも終わるが?

[53]
どいつもこいつもちょっと伏し目がちな朴訥キャラなの好きだったわ
いつも「はぁ…」とか言ってるような