【キングダム】623話 龐煖に悲しき過去、平和を望む良い武神だった…(ネタバレ・感想)

[220]
李牧って昔は雑魚だったんだな
武神と出会って覚醒したのか

[350]
李牧が弱々しい感じなのが意外だった

ころから数年後龐煖は摎を襲撃して王騎と対峙したのか

[290]
女を一思いに殺さず何度も地面にビタンビタン打ち付けて
なぶり辱めるような奴がいい人間のはずないだろ

  





[186]
また愛がどうたら言い出して
ヴィンランド・サガに感化されすぎだろ、トールズかよ

[211]
なんなんだお前は!
オオオオオオオオ!
→会話が成立しねえ

陳腐だが、我を超えて見せろ小僧!
みたいなこと言うならまだキャラ立ったのにな

[212]
>>211
まるでランカイだよな

[283]
ホウケンさんの世界平和への思いも受け継ぐとかねむあつだな

[289]
ホウケンに人の救済とか愛情が差別だとかの
設定や伏線はもともとなくて

ヴィンランドサガをみて
急遽ねじ込んでみた!
感がスゴイ

[292]
山に引き篭もって武術磨いてるだけじゃ
人々の気持ちなんてわかるわけないし
救うどころか周りを傷付けてばかりやんか

[293]
ここまで矛盾だらけなの逆に凄いな

[335]
いよいよファンタジーになってきたな
龐煖過去編かあ

[205]
味方切り殺しといて人の代表言われてもね

[362]
武神は何の答えを求めてるのだ?
李牧との出会いは王騎に敗れる前だから大将軍の強さではないよな
武の追求で争いを無くすという自分の道が正しいかどうかか?
信が答えを持っているということは
信「敵を全部滅ぼして征服すれば戦争はなくなるぜ!!」
武神「そ、その手があったか!!我々は間違っていた!!」
これで決着か?

[363]
手を広げすぎた秦は結局内乱で滅ぶから統一は間違っていたんだけどね

[364]
まあそもそも中華統一後も匈奴や百越相手に戦争仕掛けてるしな