五等分の花嫁が人気出た理由って伏線が多くて考察のしがいがあるからだったよな?

[466]
no title

唐突に推薦生えた→夢はお嫁さん→フータロー共々将来の職業描写放棄

京都の子も鐘キスも選択に重要な要素にならず→最後の最後で少し触れただけ

五月が恋心自覚?も決着後→恋愛レース蚊帳の外。零奈変装も何のフォローも無し、お守りプリクラがあの顛末


この辺だけは流石にちゃんと描くと信じてたから本当にガッカリしたわ
連載時に上記3点がこの程度で終わるって予想してた人間なんて居らんやろ

[465]
プリクラは答えが明らかにされてるんだからそういうことでしょ?

[471]
京子設定は告白終わった後ならいつネタバラシしても良かったんだけど
最後までやらなかったのがねぎ
せめてここくらい描けば及第点だったんだけどな

[472]
及第点ってどの目線で言ってんだよ

  







[470]
京都の子と鐘キスは選択で重要な要素になったら駄目だろ
あと夢は姉妹達の着地点として用意したってことだろ
一は女優業を頑張っていくという終わり方、二乃三玖は喫茶店やるという終わり方の布石、四葉は花嫁という着地点、五月は教師を目指すという着地点
姉妹の為に用意された要素だから風太郎に関しては描かれないと
作中でも風太郎に関連して夢について言及されるところ実は無いし

[473]
>>470
出発点の京都の話がお互い勉強して立派になろうって話なんだから
風太郎も四葉も両方将来の夢や仕事について着地点は描かれるべきだろ

[474]
勉強して将来立派になろうという約束は四葉②で精算してるじゃねーか
作中で一度は精算された事を引きずり続ける意味も必要もねーよ

[479]
他のことはともかく「夢はお嫁さん」はがっかりだったなあ
自立できてない感じになっちゃった

一応言っとくが誰が花嫁でも同じ感想


[493]
風太郎は何やってても妹ちゃんに楽させるくらいは楽勝だってのは示唆されてる
エリートとフィジカルエリートのカップルだしな
テナント料も入るし

[490]
ていうより風太郎レベルならどこ行っても大体成功できそうだし
脳内補完でも十分な気が…

[494]
五等分のキャラの中でチートなのはマルオ、風太郎、一花、武田くん
かなり優秀だったと思われるのが零奈と無堂
まぁまぁ優秀なのが五月、元ヤンキーの眼鏡先生
普通以下っぽいけど、まぁまぁ上手くやってそうなのが上杉父、二乃、三玖、前田くん
身体能力にほぼ全振りしてるのが四葉

こいつらは煉獄のカルマに出ても、生き延びる事ができるぐらいの強キャラ

[496]
五つ子はだいたいチートスペックだぞ
短期間で有名女優になった一花とか
パンケーキの作り方を即習得したり、一花の代わりに女優業をやるとかいうとんでもが可能な三玖とか
勉強以外の大抵のことができて、体力とコミュ力がチートの四葉とか
伝説の食レポレビュアーMAYとか

[497]
おい二乃は

[498]
料理下手な三玖を上達させるほど料理上手

[500]
三玖は姉妹トレースの方が才能あるよね

[501]
まあ真似できても本人にはなれない、
というのが116話の話だったな

実際のところ、女優一花の替え玉できるだけでスゴすぎるが

[502]
でも実際あの五つ子が周りにいたとしたら
好きになってしまうのは一花か四葉やろ。

[503]
まぁ二乃や三玖は陰キャじゃ手に負えなそうだしな(相手してもらえない)

[505]
勘違いした奴を量産しちゃうのは間違いなく四葉